性感染症の潜伏期間

性感染症-病名

性病も風邪などの病気と一緒で、症状が出てくるまでの潜伏期間が存在します。
潜伏期間中は症状など特にありませんが、期間が経過することで症状が出てきます。

 

ただし、感染していても自覚症状が全くでないことがあり、クラミジアや淋病はその例です。自覚症状が出ないからといって、それを放置してしまうと、将来「不妊症」などの原因になるため、必ず治療が必要となります。

 

性病の潜伏期間一覧表

性病名潜伏期間
クラミジア3日~2週間
淋病2日~7日間
梅毒3週間~3か月
トリコモナス3日~14日間
性器カンジタ2日~7日間
B型肝炎1か月~2か月
HIV1年~10年
尖圭コンジローマ3週間~6か月
性器ヘルペス2日~10日間
毛じらみ1か月~2か月

上記の潜伏期間は専門書や医師によっても異なります。

 

コメント