性病の検査方法

性感染症-病名

性病の検査で行われる検査内容としては以下のものがあります。

 

血液検査

一般的な血液の検査です。血液を少量採取して血液中の成分を検査します。
性病の検査の中では最もよく行われているもので、血液検査で判別できる性病の種類は次のものです。

 

尿検査

尿の検査は男性向けの検査で行われます。通常の尿検査と同様に尿を採取し検査します。
尿検査で判別できる病気は次のものです。

 

性病検査を受けられる場所

病院

病院で検査してもらうというのは最もよく知られた方法で、最も確実な方法でしょう。泌尿器科、産婦人科などへ行き、性病の検査をしてほしいと告げれば検査をしてもらうことができます。
病院で検査をしてもらうことのメリットは、もし性病に感染していることがみつかった場合、そのままその病院で治療を受けることができることです。 デメリットとしては、病院にもよりますが予約制だったり、待ち時間が長く検査をするまでに時間がかかることもあります。事前に電話をする等の確認が必要です。

 

保健所

全国の保健所で性病検査が行われています。基本的には検査費用は無料です。 また自分の名前を告げることなく匿名で検査を受けることができます。
保健所での性病の検査はHIVの検査を中心に行われており、すべての性病の検査項目があるわけではありません。
保健所で検査してもらうことのメリットは、なにより費用が安いことです。 デメリットとしては、タイミングよく検査を受けることができないことや、検査項目が限られることです。

コメント