性病ニュース

HIV

中高年のHIV感染が増え続ける原因

厚生労働省による発表でも、新規にHIVに感染している世代は20~30代が多く、新規にエイズ発症される世代は50代以降が急激に増えています。 HIVは感染しても全く症状が出ないため、感染しているのか、していないのか全くわかりません。
性病ニュース

梅毒報告3千人超える

梅毒の増加が懸念されています。 少しでも感染の可能性が疑われた場合は 自覚症状が少ない 梅毒の検査を受けましょう。 早期なら 簡単に短期間で治癒します。 臨床 2017年8月29日 (火)配信共同通信社 全国の梅毒患者の報告
HIV

HIVの日本での感染者の現状

HIVは、先進国では日本だけが増えている現状にありますが、その他の性病に関してはどうなのでしょうか。 先進国での状況は? アメリカやヨーロッパでは、彼氏・彼女ができると性病検査をするそうです。これは安全にセーファーセックスするた
性感染症-病名

性病検査は専門医への受診を受けましょう。

病院に行くのが面倒、他人にバレたくないなどの理由からインターネット上で販売されている検査キットを購入する人が増えています。自分の都合のいい時に検査できるという利点がありますが、検査キットには思わぬリスクもあります。 1.症状が既に
性感染症-病名

性病治療中の洗濯物について

性病にかかると毎日下着を捨ててしまう人がいますが、そこまでする必要はありません。 性病の病原菌は人間の体から離れるとすぐに死んでしまうので、家族の洗濯物と一緒に洗っても特に問題は起こらないでしょう。 しかし、これも同居者に対する
性病ニュース

性病治療薬の個人輸入と自己治療

クラミジアの治療として抗生物質の服薬がありますが、日本では市販では売られていません。 中国や香港などの海外ではドラッグストアで手軽に購入できるようですが、日本では医師の処方が必ず必要となります。 病院に行くのが面倒、他人
性病ニュース

女子高生の8人に1人が感染している性病

日本で一番多い性感染症であるクラミジア。初期段階では自覚症状がない病気ですが、日本の高校生、特に女子高生は、世界でもトップクラスの感染率となっています。 日本性教育協会(JASE)が高校生を対象にクラミジア感染について調査したところ、
性感染症-病名

性感染症の潜伏期間

性病も風邪などの病気と一緒で、症状が出てくるまでの潜伏期間が存在します。 潜伏期間中は症状など特にありませんが、期間が経過することで症状が出てきます。 ただし、感染していても自覚症状が全くでないことがあり、クラミジアや淋病は
性感染症-病名

皮膚に症状がでる性病

性病に感染すると、性器周辺だけではなく全身の皮膚に症状があらわれるものがあります。 症状は赤く腫れたりコブができたりと様々です。 皮膚に症状がでる特徴的な性病の種類とその症状をまとめました。 梅毒 梅毒に感染すると、感染
性病ニュース

性病は自然治癒するのでしょうか?

性感染症はウイルスや細菌、原虫などによる感染症です。 無症状の場合もありますが、何の治療もせず自然治癒することはありません。 もしも、症状がおさまったとしても、それは自然治癒したとは言えません。 病原菌は症状がなくても