尖圭コンジローマの薬

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウイルスによって引き起こされる性感染症です。

感染すると陰部や口内にイボができ、放置すると重症化してしまいます。再発率が高く、一度感染してしまうと厄介な性病です。

 

尖圭コンジローマ治療薬のベセルナクリームは、塗った部位の自分の免疫力を高める効果があります。

感染部位に塗り込む事で、自己免疫力を高める効果があり、ウィルスの増殖抑制、感染している皮膚細胞を破壊し、尖圭コンジローマのイボを消失させる作用があります。

 

ベセルナクリームの使い方は、1日おきに、週3回、就寝前に患部のイボのみに、クリームが見えなくなるまですり込むようにします。
塗った後は、必ず手をよく洗ってください。また、塗った患部をガーゼや絆創膏のようなもので覆わないようにしてください。そして、6~10時間後を目安に洗い流します。

副作用として、かゆみ・赤みが出たり、かぶれやただれ、表皮がはがれたりることがあります。また、インフルエンザの様な症状(関節の痛み、発熱など)がみられることもありますので、心配なことがあれば薬剤師や医師へ相談しましょう。

 

ベセルナクリームは即効性は無いので、使用開始から数日程度ではコンジローマを完治させる効果は得られません。また、体内から完全にウイルスを除去する事は難しいとされています。

治療を行ってイボがなくなったとしても、すでに周辺の皮膚にウイルスが潜伏している可能性があるからです。せっかく一つのイボを治療しても、数ヶ月後にはまた新たなイボが発生してしまうことが多いのです。コンジローマを治療した後には最低でも3か月は経過を観察します。その間に再発が起こらなければ、「完治した」ということができるのです。

コメント