性病治療薬の個人輸入と自己治療

性病ニュース

クラミジアの治療として抗生物質の服薬がありますが、日本では市販では売られていません。

中国や香港などの海外ではドラッグストアで手軽に購入できるようですが、日本では医師の処方が必ず必要となります。

病院に行くのが面倒、他人に病気がバレたくないと、医療機関を受診せずに自己治療をする人が増えています。

しかしインターネット上で出回っている国内未認可の薬は海外で衛生上よくない環境で作られたり、パッケージが本物と酷似しているが中身は違うものだったりと、悪徳な業者が多いのも事実です。

 

それだけでなく、個人で購入した海外の抗生物質を服用することにより菌に耐性がついてしまうこともあります。菌が耐性をつけ始めると従来の抗生物質が効かなくなるため性病治療においては深刻な問題となっています。

コメント