尿が濁る性病はどのようなものがある?

クラミジア

男性の場合、性病に感染すると尿道を中心に症状が現れることが多いです。女性よりもはっきりとした症状が現れやすく、感染した場合自分でも気が付きやすい、と言えるのです。その中でも尿の色は最も手軽で簡単にチェック出来ます。

尿が濁っている場合ではどのような原因が考えられるのでしょうか。

まず考えられるのは、淋病によるものです。

淋病は性病の中でも男性の感染率が高いことで知られています。淋病に感染すると、性器の先端から粘り気のある膿が出ます。これによって尿の色が濁ってしまうのです。また、性器の痒みや不快感、痛みなどの症状も現れます。

淋病について詳しくはこちら

また、クラミジアに感染した時にも尿の色が濁ります。この時にも痒みや痛み、不快感と同時に性器の先端から膿が出るため、白く濁ってしまうのです。
更に、男性には感染者が比較的少ないと言われていますが、トリコモナス感染でも同じように膿による白濁が見られることがあります。

クラミジアについて詳しくはこちら

トリコモナス感染について詳しくはこちら

コメント