耐性淋菌、男性間性交渉者で増加

性感染症-病名

005-10年の男性の淋病3万4600件のデータから、男性間性交渉者(MSM)と女性のみと性交をもつ男性(MSW)における淋菌の抗菌薬耐性を検討。MSWに比べMSMの分離株は、セフトリアキソンとアジスロマイシンの最小発育阻止濃度高値(P<0.050)および抗菌薬耐性(P<0.001)を示す割合が有意に高かった。

【原文】
Kirkcaldy RD et al.Neisseria gonorrhoeae Antimicrobial Resistance Among Men Who Have Sex With Men and Men Who Have Sex Exclusively With Women: The Gonococcal Isolate Surveillance Project, 2005–2010.Ann Intern Med. 5 March 2013;158(5_Part_1):321-328.

 

淋菌性尿道炎には アジスロマイシンが推奨されますが、耐性菌の報告もあり ロセフィンの単回投与も推奨されます。

 

コメント