HIV感染者の生活

HIV

 

就職と仕事・学校

HIVに感染していても、就職や仕事は普通に可能です。

HIVでも普通の病気と同じ扱いです。

誰かに感染していることを話す義務はありません。秘密は守られます。

 

性行為や運動

性行為もコンドームなどの適切な予防方法をとれば可能です。相手にうつすことなく行えますし、運動なども問題なく行えます。

 

妊娠と出産

妊娠や出産はわずかにリスクはがありますが、HIVに感染していても可能です。

男性の感染者の場合は、精子からHIVを取り除いたものを体外受精する方法をとることができます。

 

免疫力が弱い

HIV感染者は薬を飲んでいても、免疫力が弱い人が多いため風邪などをひきやすいです。

また、生ものには注意が必要です。菌が増殖している場合、普通の人は大丈夫であってもHIV感染者はお腹を壊してしまうことがあります。

 

薬を忘れずに飲む必要がある

投薬を受けているHIV感染者の場合、薬を飲み忘れると効果がなくなってしまいます。

このため、毎日決まった時間に決まった量を確実に飲む必要があります。

忘れずに必ずやるというのはかなり大変です。また、飲み忘れでHIVが薬に耐性をもってしまう人もいます。

 

定期健診

HIV感染者は1ヶ月~数ヶ月に1度の定期健診が必要となります。

 

 

HIVに感染していても大きな症状が出ていない限り、普通の人と同じ生活が可能です。

ただ、薬を確実に飲むこと、生ものに気をつけたり、定期健診に行く必要があるなど、生活上の制限も発生します。

コメント